マイケル・ルーニーが2017年度TG4最優秀作曲家賞を受賞

スライゴ・チャンピオン / アイリッシュ・インディペンデント
マイケル・ルーニーが2017年度TG4最優秀作曲家賞を受賞
マイケル・ルーニーは2017年度TG4最優秀作曲家賞の栄誉に輝きました。 今年はマイケルにとって、1916年イースター蜂起100周年のための特別な委嘱曲《The Macalla Suite》の成功に伴い、とても忙しい年です。マカラ・オーケストラ演奏による新CD《The Macalla Suite》はちょうど発売されたところです。 マイケル・ルーニーは多作の作曲家で、最高位の伝統的なアイリッシュハープ奏者として広く認められています。

マイケルは、モナハン州スコッツタウン出身で、現在はスライゴで暮らしています。フルート奏者のジューン・マッコーマックと2枚のCD《Draíocht》と《Land’s End》を出しており、自身の作曲の本を4冊『Harp Tunes』(2006)、『Aifreann Gaeilge』(2012)、『The de Cuéllar Suite』(2012)、『The Macalla Suite』(2016)を出版しています。

 The Macalla Suite》は飢饉から現在までアイルランドの歴史を反映しています。この叙事詩的な作品は、音楽、歌、物語で国の誕生を伝えており、1916年イースター蜂起の100周年のアイルランドの記念式典の中心事業の一つとして委託されました。マカラ・オーケストラはアイルランド、スコットランド、イギリスからの素晴らしい伝統音楽家とクラシック音楽家60人以上で構成されます。

 The Macalla Suite》は1916年イースター蜂起を祝う一方で、飢饉の時代から、ナショナリズムの台頭、独立戦争、現代アイルランドまでのアイルランドの歴史も表現しています。

第一楽章は《An Tírdhreach Loite》、荒廃した風景で始まります。1840年代、大飢饉の魂を破滅させ、荒れ果てた年に遡ります。
第二楽章は、何十年にもわたって、国粋主義熱の中、国が立ち上がり、長い間休眠の文化遺産の再建に取り掛かります。音楽はアップビートで、希望に満ちています。
第三楽章は、20世紀に入って10年間の、イギリス統治の束縛から解放されたいと願う人々と、蜂起が起きないためなら何でもしようとする人々の間の相違を表しています。
次にいわゆる第一次世界大戦に突入し、北側と南側の男たちが戦い、共通の大義の下に戦う前線で死にます。これは、「Marbhna don Ghlúin Chaillte – 失われた世代の嘆き」の悲しみの試練の中で伝えられています。
第四楽章の曲のクライマックスは、1916年イースター蜂起です。この曲は、混乱、戦闘、男たちの処刑に対する行進を、「Ómós do na Mairbh – 死の嘆き」で表された、起ってしまったことの衝撃と悲しみとともに、表現しています。
Súil Siar(アイルランド語)の意味する、数年の短い期間に起こった全てのことを振り返ってみると、「全ては変わり、全く変わった」世界です。
最後の第六楽章は、近代、現代であり、今日知られている自信があり再想像されたアイルランドを表しています。曲は、「Athmhuintearas – 和解」とともに、陽気で喜ばしい調子で終わります。

この曲は1916年の関係者のための国のイベントの際イースター・サタデーにロイヤル・ダブリン協会で演奏され、ロンドンのバービカンへ巡回公演し、続いて2016年イースターの際にアイルランド中で公演をし完売となりました。

マイケルは過去20年間に9曲の作曲をしており、《The Macalla Suite》(2016)、《The Boróimhe Suite》(2016)、《The Second Coming》(2014)、《De Cuellar Suite》(2011)、《Battle of the Books》(2007)などがあります。2015年5月に、マイケルはチャールズ皇太子のスライゴ訪問のために作曲し演奏しました。

 マイケルの音楽は、エリザベス女王のアイルランド訪問の際のRTÉのドキュメンタリー『The Queen’s Speech』で特集されました。

 

参照
スライゴ・チャンピオン
https://www.pressreader.com/ireland/the-sligo-champion/20161220/281822873448312
アイリッシュ・インディペンデント
https://www.independent.ie/regionals/goreyguardian/out-about/opera-house-provided-the-foil-for-magnificent-performance-34600030.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA